検索
  • TAKAYA FUJITA

石地海岸


群馬県民の僕にとって海は感動の風景であり、かけがえのないものだ。なんせ海無し県民なんでね。

小さい頃から海といえば新潟県柏崎市の石地海岸。家族で毎年夏に海水浴しに来たものだ。

今回はそこへ行ってきた。何年ぶりだろう、僅かに覚えてる海岸の地形や海の家の配置がとても懐かしくなった。


朝6時半に家を出て休憩挟みながらで9時半に到着。息子にとって海は初めての体験でどんなリアクションをとるかとても楽しみにしていた。遥か彼方の水平線に感動するかと思いきや、砂遊びに夢中。砂遊びを堪能したらいよいよ海へ。しょっぱい味のする水に不思議がっていたり、海底の砂の感触が気持ちよかったり、結果連れてきてよかったと思った。下の娘も終始笑顔でよかったよかった。

半日ほど海水浴の後は海鮮定食を食しに寺泊港へ。こちらもうまかったな〜。

天気も最高で、最高なのがあだになったのが日焼け。僅か半日でヤケド状態に。触れるな危険状態!熱も出たりと、散々な目にあったのでお外に出るときはケアは必要ですね。




0回の閲覧

COPYRIGHT © TAKAYA FUJITA ALL RIGHTS RESERVED. 

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon