検索
  • TAKAYA FUJITA

もうすぐ1年に

真夏のピークが去った 天気予報士がテレビで言ってた

それでもいまだに街は 落ち着かないような 気がしている


夕方5時のチャイムが 今日はなんだか胸に響いて

「運命」なんて便利なものでぼんやりさせて


最後の花火に今年もなったな

何年経っても思い出してしまうな


ないかな ないよな きっとね いないよな

会ったら言えるかな まぶた閉じて浮かべているよ


世界の約束を知って それなりになって また戻って


街灯の明かりがまた 一つ点いて 帰りを急ぐよ

途切れた夢の続きをとり戻したくなって


最後の花火に今年もなったな

何年経っても思い出してしまうな


ないかな ないよな きっとね いないよな

会ったら言えるかな まぶた閉じて浮かべているよ


すりむいたまま 僕はそっと歩き出して


最後の花火に今年もなったな

何年経っても思い出してしまうな


ないかな ないよな なんてね 思ってた

まいったな まいったな 話すことに迷うな


最後の最後の花火が終わったら

僕らは変わるかな 同じ空を見上げているよ


フジファブリックの若者のすべてより


この歌詞が見事に表してくれている。何度聞いても胸が熱くなる。父さんに1年位会ってないって思えることがまだ出来る。まだ何となくそんな気でいられるよ。

46回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示