検索
  • TAKAYA FUJITA

ふと思ったこと


制作してる。


頭は絵のことばかり。その中で絵を描く理由や意味、その先のこと、なんぞ考える。


しかしそんなことが本当にこの世の中に必要なことなのか、贅沢な悩みなのではないか、分からなくなる。

制作してる側としては、あんなこんな絵を描きたいと思ったり、そのために四苦八苦したり、その過程で自分を、アートを信じるしかなくなってくる。それに、時間も費やすことで信仰が深くなる。


そういうことを肯定否定しながら自分を世界を生を死を見つめてるのだと思う。そのためのツールが創作活動なのかもしれない。生きるって不思議なことだものね。


41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

もうすぐ1年に

真夏のピークが去った 天気予報士がテレビで言ってた それでもいまだに街は 落ち着かないような 気がしている 夕方5時のチャイムが 今日はなんだか胸に響いて 「運命」なんて便利なものでぼんやりさせて 最後の花火に今年もなったな 何年経っても思い出してしまうな ないかな ないよな きっとね いないよな 会ったら言えるかな まぶた閉じて浮かべているよ 世界の約束を知って それなりになって また戻って 街

COPYRIGHT © TAKAYA FUJITA ALL RIGHTS RESERVED. 

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon